最近になってやっと日本でも口内の健康状態や歯の汚れについて気にする人が増えています。
外国では歯の白さや並び等の美しさを気にするのは当然の事で、これが出来ていないと常識が無いとして軽蔑の対象にすらなる程です。
しかし、日本人は審美歯科へ手入れに通うと言う習慣があまり無く、それを意識して行動している人もいない上に保険や保証制度も整っていない為事から治療費用も高いと言う様々な問題があります。

ホワイトニングは「芸能人は歯が命」と言うCMが放送されて以来、一般人にもその意識が定着しました。
しかし、積極的にホワイトニング治療をしよう、審美歯科へ通おうと言う人はまだ多いとは言えません。
これらの意識の違いから、日本人の口内環境は外国と比べても非常に悪い状態にあります。

60歳以上になっても残っている自分の歯の本数アンケートでは、理想が20本なのに対して海外では17本が平均本数となっています。
それに比べて日本の平均本数は14本と最低ラインに位置しています。
歯医者へ通う習慣が無い事で、歯科治療を放置して送らせたり、最悪の状態に悪化するまで放置してしまうと言う生活の怠惰がみられます。
しかし、外国では手入れの為に歯医者へ通い、そこでトラブルを見つければ初期段階で対処すると言う治療方針になっている為に、歯を最悪の状態に悪化させてしまう事がありません。
この意識の違いが60歳になってからの歯の本数平均に結果として現れています。

ホワイトニングやインプラント治療は審美歯科でなくとも一般歯科で行っている事もあります。
営業マンや受付嬢等は人に笑顔を見せる事が多い仕事ですから、審美歯科でのホワイトニングを使っている人が多くなっています。

おすすめサイト

矯正歯科なら神戸で話題の医院があります|アルデブラン・デンタルクリニック

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし
2014年8月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031